No credits

作詞作曲、ASKAさんです。
コーラスも参加してます。
ASKAさんのフルバージョンが聴きたい…。

 

鈴木雅之 /  No credits 

歌の世界観は『パラシュートの部屋で』
『鏡が映したふたりでも』と同じらしいです。
ASKAさんが語ってたらしいです。

 

と、早速iTunesでダウンロード!

 

めっちゃいい〜!

カラオケに入ってたから、歌うしかない。

f:id:t-tsune1104:20170925213126p:image

 

引っ越し作業中に

f:id:t-tsune1104:20170626145943j:image

 

 

CHAGE&ASKAの 会報が出てきた。

懐かしい。

 

 

 

 

f:id:t-tsune1104:20170626145944j:image

 

 

懐かしい…。

 

 

 

作業が進まない。

6月23日

2014年7月か8月くらいだった気がする。
海老蔵さんと小林麻央さんに、偶然会った事がある。

明治神宮清正の井戸に行ったときに、偶然2人が来ていた。

その時は行列もなく、あまり人もいなかった。

関心無かったから、何となく近くで見ていただけだったけど。

麻央ちゃん、めちゃくちゃキレイで元気だった。


人生は、いつ終わるかわからない。


人生の長い短いよりも


どれだけ、愛を込めて過ごしたかだと思う。

 

愛する人
愛したいだけ
愛せる日まで
愛してみる

やがて生まれ来る
自分の為に

 

道標

道標は はじめからあった気がします


いつも不安な僕らは

水平線の向こうに広がった
孔雀のような未来に憧れを感じなら  黄昏の雨に打たれていたのです

 

 

道標は

はじめからあった気がします
例えば

 

大きな風が風車を回すのではなく
小さな風車に生まれた風が

遠い海を越えることを知った時も
やっぱり

道標は

はじめからあった気がします

 

夢の下流で見つけた景色がありました


大きく空を突き抜けるような顔で

 

心の痛みを抱いてくれるような顔で


深い優しさと

 

限りない優しさで

 

すべてを信じあえるような
そんな景色がありました

 

今、風を受け 順風満帆 ここに迷うことなし

 

今、風を受け 順風満帆 ここに迷うことなし

 

 

ASKAさんの、好きな散文詩

ネットから拾ったけれど。

 

BIG  TREEを歌う前に、ASKAさんが語っていた記憶が。

 

それにしても、深い詩だなぁ。

 

 

 

横浜にて。

f:id:t-tsune1104:20170331093247p:imagef:id:t-tsune1104:20170331093250p:image

東京にいた頃…。

横浜に行ったときに

偶然、道を歩いていて、ふと気がついた。

 

あー、東京の方が楽しかったな。

戻りたいな。

 

真夜中にふと目が覚めてしまう

苦しいことが顔を覗かす

 

 

四月になれば花が咲き乱れるように
僕の春はどこかに訪れるのだろうか

強く強く抱きしめたいそんな人がいる

 

自分を守る愛よりも

完全に相手を愛することができるようになりたい

なぜだろう

ツラくて毎日夜中に目覚める

 

仕事なのに寝なきゃとか

思う気持ちすら捨て去れれば楽だ

 

内臓がちぎれそうな気持ちになる

ふと気がつくと自分を庇っている

 

笑顔で振る舞いたい

応援する人間であらなきゃいけない

寄り添うことのできる人間であらなきゃ

いけない

泣いているときは

励ましてあげたい

 

決して届かなくても

愛し続けたい

 

 

あまりにも

今の自分にはツラすぎて

 

毎日夜中に起きてしまう

 

苦しいことが顔を覗かす

 

 

そんなもんだろう

たったひとつの恋をなくしただけで
色んなモノが消えてしまうんだよな

 

 

ふたつを選ぶという
ひとつの選択

 

 

当たり前のことって
それほど楽な事じゃないよ

 

 

心をきめるものってなんだろう
心に引かれたラインってどこだろう